スクマム!クマガヤ

スクマム!クマガヤとは

 ラグビーをキーワードとし、市民が一体となって進める「ラグビータウン熊谷」のまちづくりの行動指針となるスローガンが、「スクマム!クマガヤ」に決定しました。
 また、これを象徴するシンボルマークを以下のとおりとし、令和元年5月30日から使用を開始しています。

「スクマム!クマガヤ」シンボルマーク

スローガンとシンボルマークの由来

 熊谷のみんなで一緒にスクラムを組んで、まちを盛り上げたいという思いから「スクラム」と「クマガヤ」をかけて「スクマム!クマガヤ」を掲げました。シンボルマークは、チームを大切にするラグビーの精神から常に肩を組んで行動している「クマ」がモチーフ。出会った人とスクラムを組むことが大好きな日本一あついシロクマ「スクとマム」です。鼻の黒いほうが「スク」、白いほうが「マム」です。

宣言文

みんながまとまって、
同じ方向をむき、前へ進むこと。
それを、スクラムと呼ぶらしい。
いよいよ2019年がやってきた。
思い出は、ひとりじゃつくれない。
だから、クマガヤのみんなで
スクラムを組もうじゃないか。
誰かと新しいことをはじめてみたり、
知らない誰かと歌をうたってみたり、
みんなの夢を合わせたら、
きっと大きな夢になる。
みんなの熱で、このまちをもっとアツく。
スクラムだ、クマガヤ!いや、いっそ
スクマム!クマガヤ